TOP 大阪府・メガネのアイトピア
やや広めの鼻幅、
丸メガネのセルフレーム
「カークレイン」とは
トップページにもどります 当店アイトピアの会社の概要 当店アイトピアのメガネの技術について 当店アイトピアのメガネのブランドについて 当店アイトピアに行くには


丸メガネ・セルフレームの
「カークレイン」が登場



丸メガネのセルフレームでのヒット作「クライス」が、
メーカー在庫が完売御礼となりましたので、
続編ともいえる新作を製作しました。

各所に新着想の改良を加えて登場。
モデル名は

『カークレイン
(Kercrane)
です。

毎度おなじみのオリジナル設計によって、
新しいメガネフレーム
として完成してきました。


かつての丸セルフレーム
「クライス」の続編


レンズ型は、かつてのオリジナルの
「クライス」と、まったく同じ。

レンズ一枚の横幅が38mmで、
レンズ上下幅が36mmで設計しています。

レンズまわりの「リム」の厚み・ボリュームも同じ。
フレーム総横幅も、カークレインとクライスは同じで
それぞれ130mmとなっています。

フレームサイズ

38□30

しかし2つの点で、
クライスから
仕様をチェンジさせているのです。




2つの点で、チェンジ!
(画像のカークレインは、カラー M59-551 黒 です)




1つめのチェンジは、
鼻部分の形状の変化です。


これまでのクライスよりも、
一体感を重視した鼻部分の
形状にしています。

鼻パッドを、日本人に合う位置に設置するため
考えに考えたブリッジまわりのデザイン、
そして、
鼻部分の上下幅は、ギリギリまで短くして、
スマートさを高めています。


鼻パッドは、通常の丸眼鏡セルフレームよりも、
左右のパッドの開きの角度を左右に広げています。
つまり
八の字が角度が広がったということです。

これによって、フォルムのスマート化を果たしましたが、
「必要により、メガネ購入時のフィッティングのときに
鼻パッド部分に熱をかけて」、
「装用者の鼻の当たりに合わせて
鼻パッドをねじるようなフィッティング作業
をする必要」があります。
高度なフィッティング技術を持つ店ならではの
丸眼鏡オリジナル・フレームだといえます。


メーカー参考小売価格 ¥27000+消費税




鼻部分は、上下幅をできるだけ短く
(画像のカークレインは、カラー M59-551 黒 です)



鼻部分は、上下幅をできるだけ短く。
鼻パッドは、従来のものより角度を広げて・・・・・・
(画像のカークレインは、カラー M59-551 黒 です)



そして2つめのチェンジポイントは、
智からテンプルの部分に
新機軸のこだわりを盛り込んだところです。

伸びやかなデザインの腕パーツは、
今回初登場のニュー・デザイン。

根元で少し太くなっており、
あるところから細くなる、
躍動感に富んだシェイプ。

クラシックとヨーロッパ調と、
アートをも意識したシンプルデザインです。

根元で少し太いため、
レンズサイドの「智」と呼ばれるパーツも、
これまでの丸眼鏡セルフレームよりも、
少し太くなり、丈夫さが高まりました。





セルフレームは、
一枚の『アセテート』と呼ばれる
プラスチック樹脂の板を
切り抜いて作られるのが、
標準的な工法です。

カークレインのブリッジ部分は、
その標準的な工法で作られますが、
リムまわりを細身に、
鼻周りや腕周りをやや丈夫に、と、
適材適所に太い細いを使い分けたカットを
施しています。

鼻あて部分のサイズ設計には、
かなりの手間をかけました。




ニュー・デザインの腕パーツ
(画像のカークレインは、カラー M59-551 黒 です)



根元で少し太く、あるところから細く
(画像のカークレインは、カラー M59-551 黒 です)



これまでの丸眼鏡セルフレームより、少し太い根元
(画像のカークレインは、カラー M59-551 黒 です)


これまでの丸メガネでおなじみの、
黒やチャマダラキハクグラデも、
人気色については今回もまた作っていますが、

これまでの丸メガネにはなかった色も、
新色ということで何種類か作っています。

サイズは 38□30 というサイズで、
目と目の間の幅のサイズが
64〜68ミリの人に好適です。


カラーデータ    カークレイン
               サイズ 38□30
・カラー 黒   (M59-551)
・カラー カーキ→グリーン (O-4205)
・カラー ライトブラウン波 (H20-012)
・カラー かすれラインブラック (VS2221)
・カラー 茶マダラキハクグラデ (830645)








上から順番に、
黒、
カーキ→グリーン、
ライトブラウン波、
かすれラインブラック、
そしてチャマダラキハクグラデです。


おなじみの黒は、
ベーシックな色です。

レンズ両サイドの「智」が太くボリュームアップしたので、
これまでの丸メガネよりは精悍(せいかん)な感じが
増えています。




「智」が太くボリュームアップ
(画像のカークレインは、カラー M59-551 黒 です)


つづいて
カーキ→グリーン(O-4205)という、
今回初登場となる色です。

表面に薄く茶色を、
裏面一帯にグリーンのクリア生地を配した色合いです。

見る角度によって、
色合いの変わる不思議な素材感となっています。

特に正面から見た色合いが秀逸(しゅういつ)です。
グリーン系のような、ブラウン系のような、
どちらとも特定しにくい
独特なカーキ・ブラウンに見えます。

フランスのヴィンテージ・グラスを思わせる、
深みある高ニブラウンの組み合わせの
妙味(みょうみ)と言えるでしょう。




表面に薄く茶色を、裏面一帯にグリーンのクリア生地を
(画像のカークレインは、カラー O-4205 カーキグリーン です)


見る角度によって、色合いの変わる不思議な素材感
(画像のカークレインは、カラー O-4205 カーキグリーン です)


そして、
ライトブラウン波(H20-012)です。

水牛のツノの柔らかいベージュを模した、
高級感あるライトブラウン系のトーン。

ところどころの茶色の陰影(いんえい)と、
今回新投入の直線的デザインの腕パーツが、
相乗効果をもってヨーロッパのイメージを
醸(かも)し出しています。

ドイツ・マイスターズ工芸を思わせる、
先鋭的な逸品です。




水牛のツノを模した、高級感あるライトブラウン系
(画像は、カラー H20-012 ライトブラウン波 です)



ドイツ・マイスターズ工芸を思わせる
(画像は、カラー H20-012 ライトブラウン波 です)


この「かすれラインブラック」という色(VS2221)は、
一見すると単なる黒にしか見えませんが、

黒は黒でも、
かすれたラインが一面に張り巡らされた、
かなりテクニカルな製法のなされた黒です。

近くに近づいて見ると、
その芸の細かさがよくわかります。

黒というよりは
ダークグレーに近い雰囲気ですが、
均一化された質感のグレーとは一線を画す
技の効いたグレーカラーです。




黒は黒でも、かすれたラインが一面に
(画像は、カラー VS2221 かすれラインブラック です)



均一化された質感のグレーとは一線を画す
(画像は、カラー VS2221 かすれラインブラック です)


そして最後にご紹介は、
「茶マダラキハクグラデ」(830645)です。

毎回、さまざまな丸メガネで
使用する度(たび)にすぐメーカー品切れとなり
売り切れる希少カラーです。

ランダムなマダラバラフは、
まったく同じ柄がふたつとない、
芸術的カラーです。




毎回品切れとなる、希少な色
(画像は、カラー 830645 チャマダラキハクグラデ です)



ランダムなマダラバラフ
(画像は、カラー 830645 茶マダラキハクグラデ です)



今回は、
このカークレインに使用したテンプルが
フレンチテイストを感じさせるためか、
色目には
「シャープな風合いを活かす色」が
多く選ばれています。

パッと見は黒のようでも、
よく見ると違う、といった
違いのわかる大人の配色が目立ちます。




カーキブラウンとグリーンの組み合わせは、フレンチアートの味
(画像のカークレインは、カラー O-4205 カーキグリーン です)

カークレイン
各カラー紹介


カラー M59-551 ブラック



カラー O-4205 カーキ→グリーン



カラー H20-012 ライトブラウン波



カラー VS2221 かすれラインブラック



カラー 830645 茶マダラキハクグラデ
写真 : 岡本 真行

丸メガネ
のコーナーに戻る

トップページ
大阪府・メガネのアイトピア
に戻る

トップページにもどります 当店アイトピアの会社の概要 当店アイトピアのメガネの技術について 当店アイトピアのメガネのブランドについて 当店アイトピアに行くには
この手作りホームページは、大阪梅田の眼鏡店 アイトピアの製作です。